2009年02月15日

亡国の猫

 対話でブログの読者様からメッセージを貰うことが増えた猫です。

 「頑張ってください^^応援しています」

とよく言われるのですが、そもそも頑張っていないので、何を頑張ったらいいのかわかりません。えーと、とりあえず島津義久倒します!とかでいいですか?猫にとってはリアルお仕事頑張ったご褒美の息抜きが信Onなのです。最近では私設の方から、

 「今、徒党で猫さんのブログが話題に出てる」

と教えていただくこともあります。猫も有名になったものです。嵐世記サーバーの開始と同時に始めたのでそろそろ1周年なんですねぇ。いろいろなことがありました。
 そもそも『月の裏側』にコメントを残してくれる方は少ないので、猫としてはそんなに読者様がいることにびっくりなわけですが、この度アクセスカウンターのつけ方を教えていただいたので、つけてみることにしました。左下の方にあります。可愛いので見てあげてください。

 さて、サーバー開始以来最も地の利が悪く、いつ滅びるかと言われながらもここまで細々とやってきた斎藤家もついに終焉のときを迎えてしまいました。 空2再度クリアとかやってないで、陣取り戦に参加すればよかったのかという罪悪感もなくはないですが、大決戦に負けた時点で勝負はついていたのではないかと思います。

09021103.jpg 斎藤家滅亡!

 こうなってはもはや稲葉山に猫の居場所はありません。かつては栄華を誇った信On世界の中心都市も、隙あらば襲い掛からんとする赤ネームの警備兵が徘徊し、常連だった店の商人すらも敗戦国の人間と見るや値段を釣り上げる治安の悪い町になってしまいました。かろうじて残された屋敷に売り子を立てて、猫は住みなれた稲葉山を離れました。

09021104.jpg 新しい我が家?

 また廃城クエが面倒になるんでしょうね、と思いながらも玉突き状態で追い出した土岐氏の屋敷を訪ねてみました。てっきり親方様を初めとして、直属ボスの坂井様などところ狭しと集まっているのかと思いきや、廃城には一門衆と告知役がいるだけ。

 猫「ボス〜;;みんなどこぉ〜」

 どこかに潜んで復興の日に備えて力を蓄えているのでしょうか。何故か知行は安堵されているものの、当然のことながらお給料も貰えなくなっていました。国と地位によっては端金であるため、面倒で貰うことを忘れている人も多そうな俸禄ですが、仕官10ヶ月で中老の猫は週に80貫ほど貰っていたのです。毎週水曜日のメンテ明け初ログイン時に、一週間分のお給料を寄合所で受け取る猫のささやかな楽しみがなくなってしまいました。拠点の変更はできるようですが、こんなところに留まっていても仕方ありません。
 となれば、猫の行く先はただ一つ。もはやもう一人の親方様と言っても過言ではないあの大名の元へ!

続きを読む
posted by 火星の猫 at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月11日

双晶石

 さて、武器のベースは手に入れたものの問題は付与です。現在腕力付与石価格のフォッサマグナは+17〜+20あたりにあります。+19が5000貫くらいで売っていた週があったので、2つ買って双晶石を試してみることにしました。猫にはTDと星で入手した双晶原石が2つありました。どっちも開けてみると鍛錬10/15と11/15・・・。1回で入魂が埋まるという点では違いがありません。楽市で2000貫でこはく珠玉・壱を買ってきて精錬。

 腕力付与石(+19)×2
 双晶原石(11/15)
 こはく珠玉・壱 ×1

 ・・・腕力+40の双晶石になりました。微妙です。新月刀の付与が+32だったので+42くらいは目指したいところ。双晶石って失敗作ができたときに困りますね。とりあえず付与して、次に擦り切れるまで使い続けるしかないのでしょうか。

 と思っていたら気がついた猫。なんと双晶石は取引不可じゃない!楽市で双晶石を見ると普通に付与済みのものが売っているじゃないですか。しかもボッタクリ価格で。ボッタクリ価格なので、出来合いのを買う気にはさらさらなりませんが、逆に言うと失敗作ができた場合利益なしの原価で販売したら売れるんじゃ?
 猫的には失敗作だと思っている双晶石を12000貫で売り子に持たせたらあっさり売れました!

09021102.jpg 領収書

 その後18000貫くらいで同じスペックのものが売りに出されていましたが、転売されていたとしても知ったこっちゃありません。戻ってきたお金でもう1度挑戦です。ただ、週が変わって付与石の相場が上がってしまっていたため、同じ予算では

 腕力付与石(+18)×2
 双晶石(10/15)
 こはく珠玉・壱 ×1

 となってしまいました。それでも運良く珠玉で+6とかつくことを祈って、えいっ!・・・+39の双晶石になりました(泣)。こんなことなら、+40のまま使っておけばよかった。もう一度同じ値段で売り子の持たせたら、また売れました。
 うーん、双晶石が切れてしまいました。楽市で買いましょう。20貫〜40貫くらいで売ってて案外安いです。みんなTDで取りまくってて供給が十分あるんですね。おや、この双晶石は鍛錬6/15なのに40貫です。ふむー

 腕力付与石(+18),(+17)
 双晶石(6/15)
 こはくの珠玉・壱×2

 できた!腕力+42の双晶石ができました。双晶石自体安いので、鍛錬の低いのを買って2回入魂を狙う。それが双晶石のコツのようです。これを鎖絡に入れて、

09021100.jpg 3代目完成

 あとちょっとで攻撃力750です。次にお金が貯まったら+50双晶石作りに挑戦して、袋買い替えかな〜。
posted by 火星の猫 at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | アイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3代目は鎖絡太刀

 どうにも未だ攻撃力に乏しい猫の次なる改革は目標は武器です。現在猫の武器と言えば、秋口に全盛を誇っていた攻撃力158の新月刀・光に腕力+32(付与石+16x2)をつけたもの。これを買い換えることで、予算2万貫くらいで一気に攻撃力が+20くらい上げられそうなのです。
 元々耐久度の高いのを買ったため、まだまだ耐久性には余裕があるので、このまま新月刀・光を使い続けて懐剣ニ刀流になるまでお金貯めようかとも思っていましたが、瓦でイザナミに行き暗殺さんの代わりに1s粘着で気合削りを見事勤め上げた(心眼の代わりに何度でも疾風怒濤を使うのです!)忍法の猫としては一刀流もありじゃないかと思い始めました。
 現在の妖刀の流行は、ついに職人さんが到達した攻撃力最強の電雷。何処行っても忍者さんはこれ持っています。或いはちょっと変った趣味のある人だと白炎の番傘。電雷よりわずかに攻撃力が劣りますが、鎖絡太刀や闇月刀なんかも楽市では売っています。九環刀は鎖絡の材料にプラスして奄美の珍品が必要なためか、まったく売ってません。と思ったら、ダディさんが持っていて驚きました。

 さて猫は何買おう?電雷はスマートないかにも日本刀的なグラフィックで(鉄光と同じ?)嫌いじゃないんですが、個性を感じません。それよりも1か2攻撃力が低いくらいなら、猫は見た目で選ぶのです。
 鎖絡太刀の材料には上白焼刃土が必要です。上白焼刃土といえば、猫の主力商品。もしかしたら猫の作った材料を使って作られているのかもと思うと、愛着が沸きます。これにしよう!なんか赤っぽいところも気に入りました。

09021101.jpg
posted by 火星の猫 at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | アイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月08日

剣聖信綱編/第三章 その参

 六角承禎が猫に再戦を申し込んで参りました。お腹が痛くなって逃げ出したあの人です。

 吉田重賢「あやつは人一倍勝ち負けに拘るからのう。「勝てる試合」を仕組んできたかもしれん。」

 ふむ。今度は徒党戦になるようです。猫も入念な準備をして行くことにしましょう。六角承禎がいるのは比叡山です。比叡山が瓦クエのときを狙って協力者を募ることにしましょう。と思って、六角承禎と話したら叢雲堂に呼び出されました。というか鈴を渡されて、これを使えと。
しまった!じゃあ叢雲堂が瓦クエのときじゃないと人集まらないんじゃないでしょうか?そんなわけでクエの進行を放置しすっかり忘れていたのですが、先日叢雲堂でスリリングな忍法起点を楽しんでいたところ、

 「上級クエストの敵、六角承禎を倒したのですが、手伝っていただけないでしょうか(職:不問)」

 という大声が聞こえます。それ猫もやりたいやつだ!と急遽思い出しまして、ご一緒させていただきました。瓦クエのついでに集まった皆さんとは言え、盾も回復もいる鉄板構成。3体相手に負けることはないでしょう。

09020500.jpg 相変わらず我武者羅が好きな承禎

 せっかく弓術修めたんだから弓撃てばいいのに。と思っていたら狙い撃ち(狙撃属性)が演舞さんに。わー、結構痛そう。やっぱり弓撃たないでいいですw。それ以外は特になく

 六角承禎「馬鹿な!おぬしは虫の息であったはず……。なのに、なにゆえわしが敗北せねばならぬのだ!?」

 はて?何か仕組まれたのかもしれませんが、猫が話しかけたのじゃないからわかりません。でもとりあえず

 六角承禎「わしの負けだ……。おぬしは吉田流弓術の継承者を倒した。」
 猫「じゃあ、猫が吉田流名乗っていいですか?(弓装備できないけど)」
 六角承禎「師との戦いを認めよう。まことの誉れを手にしたくば<<吉田重賢>>と戦うがよい。

 そうこなくっちゃ!先ほどの党首さんが、次も一緒に行こうと言ってくれたので、比叡山を抜け出して重賢の下へ。でも次の戦いは自分を含め4人までなので、徒党は再構成が必要です。今、武士と猫がおりますので、あと何が必要なんだろー。

 党首さん「回復と、アタッカーか刀鍛冶を探してみますので」

 「いきぜ嵐世記」で聞いたらオムツさんが修験で手伝ってくれることになりました。党首さんも知人の刀鍛冶さんを呼んできて揃いです。また狙い撃ちされたら痛いのかな。1からいきますね。吉田重賢いざ勝負!猫も丹を飲んで真面目にやります。
 戦闘開始直後のことでした、

 猫「一応本気モードですがダンジョンじゃないのでちょっと弱い@@」
 刀鍛冶さん「いけるいけるw」
 ムーニーさん「あああ、しまった!」

 何事?!

 ムーニーさん「水;;」
 刀鍛冶さん「逝ける逝けるw」
 猫「こうなったら裏鬼門ですw」

 薬師さんが水忘れるとか都市伝説かと思ってました。というわけで修験さんが無力化し、サドンデスマッチが繰り広げられます。23の術準備は止めちゃえばどうってことありませんが、光雨が微妙に痛くて追い詰められます。猫も疾風怒濤から飛跳神速で攻めますが、そういえば徒党に気合職さんいませんね。

 猫「猫気合切れー」

 活身でちょっとずつ回復する自分の生命でも眺めてます。気合が溜まったので突っ込んだら、裏鬼門の生命減少で気づかなかった反射結界だったりとか、いろいろありましたが

09020501.jpg 葛藤の剣気ゲットです。

 番外で貰った土の素因と合わせて使ったら、伊勢守活人刀が伊勢守刹人刀になっちゃいました。禍々しいらしいです。

09020502.jpg 青銅器時代の剣みたくなった。これ切れるんですか?
posted by 火星の猫 at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | クエスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

島津家久

09020700.jpg また来たよ。性懲りもなく

 猫「家久勝負だー!」

 しばらくは佐賀1ノックでもして、力を蓄えようと思ったんですけどね。

 最近赤!出している人に対話送っても、返事を貰えないことが多くてへこみます。対話が殺到して捌くのが大変というのはわかるのですけど、対話送った方としても返事が遅れているだけなのか、他当たった方がいいのか判断に困るわけですよ。青専の方はさっさと見切りをつけるのに慣れているのかもしれませんが、党首もする猫としてはタイピングが遅くて、OKでも数分は返事が遅くなることもあったりするので待っちゃうんですよね。そして赤!出していた党首さんの徒党人数が7になるのを確認して、やっぱり無視かーとがっかりするのです。
 そんなわけで、府内城にて目の前で佐賀1ノックの徒党編成している人に無視されたあと、寂しかったのでつい鹿児島4攻略徒党に応募してしまいました。
 懸案となっていた50%問題については、実は嵐世記でのキャラ名を知らなかったなつさんのブログを拝読して解決しました。結論、

 敵徒党全員の生命バーが半分以下になったらもう大丈夫

 半分まで減らして、そこから先は集中攻撃で1を落とすのです(1より先に5でもいいのかも)!
 今回の編成は

 暗演刀士能通猫

 実装は前回と同じです。忍法は猫のみなので空蝉の発動率は薄いですが、逆に空蝉でピンチを救って猫のみが英雄になれるチャンスというものです。と、思っていたら本当のヒーローは能楽さんでした。
 能楽さんの地勢って敵味方関係なく効果が出るので、失礼ですが正直なところ破天時代はボス戦ではまったく役に立たないと思っていました。しかし、家久に関して言えば、

 1.鉄砲いっぱい
 2.回復がいない

 というわけで、能楽さんの向風の謡と験気の謡が大変なんことになってしまうのです。能楽さんいなかったら盾2回復1であの長時間を耐えるのは難しいんじゃないでしょうか。実際、1戦目はあっさり壊滅しました(猫だけちゃっかり逃げましたけど)。

 2戦目。前に来たときは開幕2sを集中して、2の固有技能である焔穽の血戦を止めましたが、今回はあえて使わせます。赤▲は開幕看破で消すから大した問題ではありませんが、この技能によって2が自動的に生命を減らしていくので(自分に呪いの効果!)、そのペースに合わせて他の敵も減らせられるかがネックになります。でも実際、1を急所打ち・改で致命傷にしておくと、守護してきたりすることもあって2のペースと変らない速度で1の生命が減ります。むしろ2を削る手間が省けていいんじゃないでしょうか。
 厄介なのは567です。なんと1の生命が半分切っててもほぼ満タンの567に守護が出ます。鉄砲さんや術アタッカーさんがいれば良かったのですが、こちらは頼みの綱が電光石火の暗殺さんのみ。猫が焦って567に攻撃しても守護されて余計にピンチになる始末。隠れ身実装しているので不意打ちも考えたのですが、隠れている間って空蝉が出ない(たぶん)と思うので、それじゃあ忍法の意味がありません。そんなわけで

09020701.jpg これが噂の薩摩釣り野伏せ

 凄まじい威力です。この後立っていたのは猫と鍛冶屋さんのみ。フッ、猫耐えた。と思ったのも束の間、雑魚の一撃であっさり昇天しました。

 寝なければいけない時間も迫っていて、これがラストと決めた3戦目。猫の仕事はとにかく焦って攻撃せずに、伏龍陣の裏看破に撤すること。家久のバーを見てから動くように心がけ、長ければとにかく看破です。唯一の守護抜け攻撃である暗殺さんの手数を少しでも増やせるように、猫が看破しなければ。家久は十文字撃ちとかいう複数射撃技能もあるみたいなんですが、これまで猫は一度も見ておりません。極めて確率は低いようなので、バーが長ければとにかく看破しておけばおっけーです。コツを掴んだそれぞれが手堅く動いてた結果、ついに全体の生命が半分を切ってゴーサインが出ました!まずは刀鍛冶さんが溜めていた怒りを放出。1にいったものの守護した4が落ちました。

09020702.jpg そして家久も・・・

 でもまだ5の陰陽師が残っています!準備なら止めますが、準備なしの単体攻撃術を用いてくる相手、最後まで油断はできません。五雷法が連打されたら、総崩れ直前に死者が出る可能性もあります。

09020703.jpg 勝ったv

 島津家久。実は耳川で大友を破り、沖田畷で龍造寺を破り(隆信はこの戦いで討死)、更に戸次川で豊臣軍(このときの豊臣の総大将が斎藤家の仙石秀久様)を破った無双の戦略家だったんですね。どうしても戦国武将というと信長を中心に中央の人たちに目が行きがちですが、この人、結構凄いかも。敵ながらちょっと惚れちゃいました。

09020704.jpg 来世では違う形でお会いできるといいですね

 家久を破ったことをそーりんに報告したら、大地の宝珠とかいうのをくれました。 これを使うと高千穂の神秘石(+50/+15)が入っていることがあるとか。というか、入ってないこともあるんですね・・・ケチ

09020705.jpg 城4を攻略すると何度でも貰える?

 ・・・家久ノックしたいな。
posted by 火星の猫 at 12:30| Comment(2) | TrackBack(0) | ボス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。