2008年12月19日

覚醒の刻

 覚醒の刻がやってきました。眠れる忍法が目覚めた忍法になるときが来たようです。でも、猫的には「待ちに待った」わけでもなかったり。別に忍法でアタッカーしたかったわけじゃないんですよねー。むしろお金なくて装備完璧じゃないから、下手にメインアタッカーなんか期待されて声かけられても迷惑なのです。今まで通り看破・術止めときどき攻撃でいいので、サブアタッカーで入れてください。疾風怒濤の効果時間やら飛跳神速育てるのに固執して看破しないにわか忍法さんとか現れそうで怖いです。

 さてさて、それでも強くなることは別に悪い気がしないので早速瓦版クエで試して参りました。

08121700.jpg 覚醒・飛跳神速

 怪しげな色のバチバチが素敵だった飛跳神速は非常に地味ぃなただの一撃になりました。あれです、たぶん暗殺さんの陽炎と同じモーションです。モーションは無影一閃の方が助走とか守護されたときのおかしさとかあって良かったです。単発の威力は無影とどっちが強いんでしょうね。貫通力の差とかわかりませんが、千引だとどっこいどっこいのダメージだったような気がします。あとは準備に当てたときの気合削り効果がどこまで信頼できるのか。さーて、戦闘中何て略して宣言しましょう。1hとか?

08121701.jpg 疾風怒濤

 飛跳神速のモーションはこっちに引き継がれました。かわら版クラスの雑魚だとあまり有り難味がわかりませんが、防御した千引の甲虫に上から2000近いのダメージを与えたりしたので(倒してしまったので実ダメージ計測できず)効果は相当強いのかもしれません。覚醒の項目を見ると「付与時間」とかあるので、永続技能ではないっぽいのですが、噂によると看破されても消えないとか。本体は緑▲ではなく、結界や不変みたいになんか名前の横にマーク出ているのでしょうか?いろいろ重なっているとわかりません。強い敵で使用してみたいです。

 流水。崩旋脚なのにダメージが強いっていうことで巷では羨まれているようですが、勘弁してください。反射結界張られたら術止め行きたくありません(笑)。破天ボスなんかは反射結界張られたままsなんて日常茶飯事です。痺れ技能に2枠使うのもったいないなー。封殺手裏剣(九州・合戦用)とノーマル崩旋脚(ダンジョン用)で使い分ける技能枠が1つ必須でしょうか。ダメージ出したければ、残り気合見て無影一閃で止めてたから別によかったのに。

 雲霞は雲霞でした。

 そして、覚醒の章の目玉といえば技能覚醒です。忍法は一体どんな覚醒ができるんでしょう?・・・あれぇ、期待はずれです。てっきり「覚醒」なんて言うから封殺手裏剣に狙撃効果が付いたり、忍結界に反射が付いたりするのかと思ったら、単に威力が増える、ウェイトが減る、効果時間が伸びるみたいなのばかりですね。ただの「成長」でした。
 でも、じっくり時間をかけて強くなるっていうのはいいことだと思います。今みたいにレベルとか潜在は中級者クエや瓦版であっという間に上がってしまって強さの差は装備次第ですと、お金持っている(それこそRMTでも!)人ばかり2ndも3rdも強くなってしまって、細く長く遊んでいる人には面白くありません。何度も狩りに出て地道に稼ぐことが強くなる方法なればこそ、プレイヤーも長く遊べるんじゃないでしょうか。
 猫は何育てよっかなー?こういうの悩むのってワクワクして楽しいです。猫好みなのは封殺手裏剣のウェイトを減らすとかなんですけど、狩りに行く重要性からまずは攻撃技能の威力重視かとも思っちゃいます。ゆっくり考えます。
 ただ、どうやらlv40以下の敵では技能経験値が入らないらしいので、平日は瓦版の通常依頼のみ毎日こなし、週末のみ狩りやボスに行く猫みたいなウィークエンドプレイヤーはなかなか覚醒できそうもありません。レベルと潜在に比べて覚醒レベルは極端に低くなっちゃいそうです。藤岡屋さん、なんとかなりませんか?
 
 さらに、もう1つの目玉の凶神の冥宮は・・・行けるんですけど、行ってません。上級者用ダンジョンなんですよね?覗いてもいいけど、たぶんまだ猫には場違いです。そもそも争覇スタートから嵐世記サーバーにいて、高千穂ですらまだ見たことがないのに。猫には他にまだやっておきたいことがたくさんあります。願わくば凶神の冥宮に行くことが効率的な成長やアイテム獲得のために「必須」ではありませんように。
 レベルキャップ65ですか?猫は1年後くらいに到達するんじゃないでしょうか。レベル60で行李飯4個食べるのでやっと落ち着いたのに、また食料計算するの面倒くさいです。

 帰参者キャンペーンの友情の心が経験蓄積之書20個分溜まりません・・・。
posted by 火星の猫 at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。