2009年05月17日

死闘!!伊東一刀斎(剣聖信綱編/第四章 その四)

 さてさて剣聖信綱編の第四章も残すところあとわずか。猫の前に立ちはだかったのは鐘捲自斎の弟子、伊東一刀斎なのでした。

09050200.jpg 目薬は効きましたか?

 一応支援可能なのですが、自分以外に3人までという中途半端に団体で戦う相手は、逆にどの職でも対処できるように作られたソロで戦う相手とは比べ物にならないほど強いのです。
 特に強いという噂の伊東一刀斎は、wikiによると

09050201.jpg 一心刀絶妙剣:強力な単体攻撃 後衛ダメ2500
09050202.jpg 夢想剣・削命:全体に生気ダメ+削命

と特殊技だけでも、とても勝てそうにない相手のように聞こえます。しかも蘇生の秘薬を連発し、さらに敵もこちらも4人だから回転が早いせいか、気合維持が辛いという話もちらほらと。
 ふーむ。後衛2500ダメージの技なんて猫がくらったら2発で死ねるのです。盾職は必須ですね。気合維持が辛いのなら気合職さんも必要ですよね。もしかしたらアタッカー多めで、やられる前にやる作戦なんていうのもありなのかもしれませんが、手堅く考えるとどうしてもあとは回復職です。私設で支援してくれる人を募ったところ、

 刀典密猫

と結局オーソドックスな編成になりました(鍛冶屋さんは野良お手伝いさんです)。わからないものは悩んでも仕方ありません。とりあえずやってみるのです!

 鍛冶さん「赤▲がすごいので、薬さん出来たら呪霧を」
 パパさん「薬いませんw」

 2と3についている初期付与は強いらしいので、猫は看破からいきます。一刀斎はいきなり夢想剣・・・痛い〜。しかも猫は勘違いしておりました。気合維持がきついのは回転が早いからではありません。夢想剣で気合が削られるからなのです!夢想剣の連発を恐れて、直後に1sでクッションを置いたものの、猫自身の気合がもうありません。結局3連続で夢想剣を食らってKO。これは強い。

 パパさん「3回きましたね・・・あれは術なのかな」
 文さん「じゃないかねぇ」
 パパさん「でも孔雀やる余裕はないな」

 1さえ落としてしまえば〜。文さんが神典を演舞に変更しました。

 演刀密猫

 これで火力は増したものの詠唱がなくなります。大丈夫なのでしょうか。密教だからいける?開幕は鍛冶さんに完全回復からです。夢想剣が間接攻撃だったら痺れていっきに壊滅するところですが・・・夢想剣が来なくて通りました。

 文さん「吉祥まいります」

 これなら気合がきつくないっ!猫も自在に流水に行けるのです。槌をつけた演舞の攻撃は猫のダメージが通らない一刀斎にもガンガンダメージを与えます。夢想剣を連発される間もなく一刀斎が陥落しました。開幕に完全回復をやってヘイトの集まったパパさんが若干危なかったものの、完全勝利です。演舞作戦は大正解だったようです。

09050203.jpg それにしても苦戦しました。

 一刀斎を天下一にするための、鐘捲自斎の姑息な手段は潰えました。猫がいる限り天下一になんてなれません。これで富田勢源も安心して隠居できるようです。よかったよかった。
 ・・・ん?富田勢源と戦ってないーっ!!(戦えません)
posted by 火星の猫 at 18:24| Comment(52) | TrackBack(0) | クエスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。